オーディションに受かる為には

このページではリノアのオーディションをベースに書いて行きます。
 

オーディション内容

面接

電話占い師募集ページに記入されたものをもとにした面接があります。
占い師としての実績や自己PR等、聞かれるだろうと予測できるものは事前に準備しておきましょう。

実技試験

電話を通して、実際の電話占いと同じような鑑定をします。
オーディション担当者の方から相談をされ、それに対して鑑定を行います。
 
 

オーディション時に気を付ける事

実績などを盛らない

占い師としての実績は、選考の大切な審査基準です。
だからと言って実績を盛ってしまうのは絶対にやめましょう。
実技審査がある中でそういった嘘は確実に見破られてしまいます。
ましてや、実績があるという前提ならば審査員の人も厳しい目で見るのは当たり前ですので、自分で自分の首を絞めているのと同じです。
嘘がバレてば信頼関係も結べませんので、プロフィール等は正直に書きましょう。
 

挨拶は大事

社会人なら当たり前の事なのですが、挨拶を疎かにしている人が多いのが実情です。
特に電話だけで印象が決まってしまう電話占い師のオーディションでは、挨拶が出来るかどうか、感じの良い挨拶かどうかというのはとても重要になってきます。
いくら腕のある占い師だとしても、そういった当たり前のマナーが出来ていなければ絶対に受かりません。
また、時間を守るや期限を守る等、こういったマナーも疎かに考えてはいけません。
 

話し方を精査されている

電話占いは話声だけがコミュニケーションのツールです。
その為、審査員の人は話し方や話すトーン等を特に注意深く審査しています。
相手が聞きやすい話すスピードか、声のトーンは暗すぎないか、何を言っているか明瞭に聞こえるか。
鑑定の腕は勿論ですが、話し方についてもより探求し、話しを聞いている相手がもっと聞きたくなるような話し方を身に付けるのもとても重要です。
 

ニーズを理解し応える力

相談者は占いに助けを求めています。
それを見極める力だ必要なのです。
相談者は今何に困っているのか、どんな悩みを抱えているのかをまず瞬時に理解して、それを解決する為にはどんな鑑定をすれば良いのかを見極めるのが大切です。
相談者が必要としているものを引き出す傾聴力、鑑定結果をどう相談者に伝えるべきか考えて応える力が高ければ高い程素晴らしい占い師なのです。
 
 
以上がオーディションを受かる為に知っておくべき事柄です。
これ以外にもまだ大切なものはありますので、オーディションに臨む前には事前の準備をしっかりしておきましょう。